2011年12月28日水曜日

木目金に挑戦!

ども!

師走はあっという間に過ぎて行きますね〜


今年も残すところあとわずか。

飲み会ばっかりですが体調崩さないように気をつけましょう。









ではこの前チャレンジした木目金の制作行程を紹介。
※木目金とは種類の異なる金属を何枚か重ね、接合し、
彫って延ばして木目状の模様を作る日本の伝統金工技法の一種




勢いで末川さんと泰一郎と三人で制作デス!






今回使用した材料


左上『銅』、右上『純銀』、左下『赤銅(金と銅の合金)』、

右下『並四分一(銀と銅の合金)』


















40×40×0.8mmの厚みの板を計10枚使用。




まず始めに、材料の板を炭研ぎをして平面出しと酸化膜除去を行います。


その後、順番に研いだ面を触らないよう板を積み上げていきます。
























積み終わったらボルトでしっかり締めて圧力をかけます。


















次に、板の接合を補助するフラックスを大量に塗って、

周りを砥の粉でコーティングして酸化を防ぎます。
(チョコクリームみたいなのが砥の粉さんです)


















その後、窯入れなんですが

初挑戦だったのでビビって窯の温度を760℃に設定する事に。








…待つ事約5時間…
























みんなでドキドキ取り出します。



これが完成した地金!


















…なんですが、うまく接合出来てなくて失敗…


温度が低かったのか、時間が短かったのか。













気を取り直して翌日に再チャレンジ!


温度を800℃にして時間を6時間に変更。
























今回はうまく出来たかなぁと思ったんですが、

…やっぱりハプニングはつきものですねw







数枚溶けてしまったんですが、なんとか接合出来ました。

良かった良かったw







出来た地金を金槌で鍛えていきます。
























その後、焼き鈍してから、ローラーでキレイに延ばします。
















次に模様を作る為にドリルで軽く溝を付けていきます。
(他には鏨で彫ったり、リューターで加工したりして模様を作ります)
















これが全部終わったとこ〜

泰一郎お疲れ!
























最後に圧延ローラーで延ばして平らな状態に。
























これが完成品。

初の木目金!
















タンパン酢を塗ったらこんな感じで色が変わります。
(きちんと研いで色上げするともっとキレイに色が出る…はずw)

茶色が銅、白が銀、グレーが四分一、黒が赤銅です。



ちょっと木目というより苺みたいな模様になっちゃいましたw







今度作るとしたら

重ねる板の枚数を20枚くらいにするのと、

模様の作り方を広く浅く加工する二点ですね。





あとは窯に使用中の張り紙貼る事かなww











では来年はこの地金を使ってジュエリーを作ってみたいと思います。


来年もバリバリ制作するぞー!








では皆さん良いお年をー!

Frohe Weihnachten und einen guten Rutschins neue Jahr!

2011年12月21日水曜日

どんどん制作〜!

ども!

今回も新作の紹介。





シルバー925使用。

またまたリングです。


















以前も作った、上に引き上げるタイプの動くリングです。


今回は前回の反省を活かして

全体のフォルムと動く部分の形態を変えました。


















これが動く部分で、

両面にボコボコの表情をつけてロウ付け。


サボテンみたい〜


















その後、金剛砂を使ってマチエルをつけていきます。
(通称…すなあらし)


















この粒が金剛砂。

番手がいくつかあるみたいですが、荒めの金剛砂を使用。


高い所から落として使います。





残念ながら完成品は外注メッキに出しているので

また今度HPとかで紹介します。












次の新作〜


これは白メノウという石の原石。


















今回はこの石を研磨せずに、荒くカットしたままのやつを使用。


石留めに挑戦です。





型紙を色々作って、どんな感じに留めようか考え中。


















色々試した結果、大体の形状はこんな感じに。


















石を留める作業はまた明日。

完成したらアップします。








あと、木目金をたいいちろーとビンテルさんと作ったので

その模様も近日更新します。

お楽しみに!





では宿題やるのでまた今度!

Auf Wiedersehen!

2011年12月15日木曜日

12月も半分!

どーも。

ひっそりとブログ更新中でございます。











今回もリングに挑戦。




材料はシルバー970、銅を使用。

シルバーの内側に銅を切嵌象嵌します。
※切嵌象嵌とはパズルのように種類の違う金属を切り抜き嵌めてロウ付けした象嵌の事。


















今回はいつも使っている銀ロウでは無く、18金ロウに初挑戦。



銅と銀の間に金色の線が見えるのを狙ったのですが…

あまりうまくいきませんでした。泣


















とりあえず、荒らして模様をつけて裏側のパーツをロウ付け。


















金ロウの融点が810℃だったので銀の二分ロウでもいけるかなぁと思ったら

金ロウが先に溶けてしまって失敗…。



久しぶりにかなり凹みましたね。

慣れは怖いっす。








とりあえず三分ロウで無理矢理形にして、

リング部分を付けて仕上げをする事に。


















今回は緑青とアンモニアを使用。






まずはベースにタンパンを塗って黒くしていきます。


















こんな感じ。
(銀色の部分は無理矢理やった銀ロウ部分…w)







その後、緑青液を塗って、バーナーで軽く炙ってを繰り返します。
※焦がさないように弱い赤い炎で温める感じ。


















数回繰り返すとこんな感じで色がつきます。



















その後、アンモニアを使って最後の仕上げ〜

























銀の部分を出して完成。

緑から青っぽい感じになりました。





















なんか不思議な感じw


一度緑青を使って作品を作ってみたかったので良い経験になったかな。



色の付き具合や厚みなど調整が難しかったけど

色味は好きなのでまた使うかも。












最後にこの前あった集中講義。




デンマークのジュエリー作家、ピュアサンタン氏が来日ついでに

作品の紹介などをしてくれました。


















「あえてコンセプトは持たない。」

と言っていたのが印象的でした。





素材の持つ魅力を探求して出てきた面白い表情を使って構成してる感じ。






この講義はかなり良い刺激になりました。

活躍している人の話を聞けるのはいいですね。










ではドイツ語の宿題に戻ります!

また新作更新します。





Auf Wiedersehen!

2011年12月8日木曜日

新作新作〜!

寒くなってきましたね〜

風邪ひかないように気をつけないと。







さっそく

今回もリングを制作!



silver970を使用。

厚みはt 0.5mmくらい。



丸く糸ノコで切断したあと、裏から鏨でガシガシ叩いていきます。
























なんかコンペイ糖みたい。

周りのヒラヒラしている部分は自然に金属が動いて出来た形です。

こういう偶然出来る形とかって格好良くなったりするんですよね〜







これは指を通す腕の部分。


















上の部分の軽快さを失わないようにデザイン…


したつもり。。





その後パーツ同士をロウ付け。










ボコボコした部分は鏨を貫通させて穴を開けてます。
























全体感はこんな軽い、軟らかいイメージです。









最後に初の試みで、無理矢理石留めw




ジルコニアを穴に押し込んで

ぐりぐりして

出てきたバリ(かえり)をヘラで押さえて

なんとか留った感じww
























最近は今までとは違う感じで制作しようと思って試行錯誤中。


今日も新作が一つ完成したのでまた紹介します。












ここで、この前の五美大リーグの写真を。

何人か昔のユニホームの人もいますが、左肩が紫で襟無しが新ユニホーム。


練習の成果も出て、おかげさまで男子は優勝しましたー!

わーいw


女子も善戦したんですが惜しくも優勝にはとどきませんでした。

ほんと残念。






今回の大会で当分バレーボールの試合は出ないつもりだったので、

勝てて本当に良かった!
















あと、最高のジャンプサーブ写真も刑部に撮ってもらったんで大満足ですw










最後に先日陶芸の友人の荒谷氏からコップのプレゼントを頂きました!
























以前展示を見た時に、カッコいいって言ってたのを覚えててくれて

留学記念にプレゼントでもらいました!


シャープなフォルムと繊細な白色の綺麗さがホントカッコいい。




アラヤンありがとー!











では、また新作紹介しまーす。

ちなみにこれから宿題(ドイツ語)の続きやります。

頭がパンクしそ…




バーイ!

2011年12月2日金曜日

12月突入!

お久しぶりです!




最近本格的にドイツ語が始まったので更新スピードが落ちました…涙


赤坂にある「GOETHE  INSTITUT ゲーテ・インスティトゥート」

という語学学校に通ってます。



授業は終始ドイツ語だけなので最初はビビりましたが、

習うより慣れろって感じでとりあえず頑張ってます。











とは言ってもメインは制作なので、ちゃんと作品作ってます〜


いいペースで新作も何点か出来たので時間をみつけて更新していきます。






今回もシルバー970を使用。
(シルバーの割合は1000分率なので925とか950とかで表記します)


















厚みは大体0.5mmくらい。

裏から木鎚で叩いて膨らみを作ります。







その後、前回も使った打ち抜く表情を追加し、

久しぶりの『魚々子 ななこ』打ち。
























真ん中のツブツブみたいなのが魚々子。







全面に打つとキモイですw

多分粒の大きさは0.4mmくらい。
























今回はブローチにしたので、裏に板とピンをロウ付け。























最後に色上げ。


今回は古美仕上げに挑戦。

左が金古美の液で、右がヨウ素液。
























筆で軽く塗って、日光に当てると黒色に変化します。







こんな感じで黒くなります。

なんか爬虫類みたいなキモイ感じになっちゃいましたw


















なんかいつもとは違った感じですが、たまにはこういう作品も良いかなと…



金属は色んな表情が出せてホント面白いですね〜












おまけの彫金の風景。



12月に入った事もあり、3年生がクリスマスツリ―を持ってきてくれましたー


















教室の真ん中の作業台にセット。

みんなで楽しく飾り付けしました。



今年はサンタさん何くれるのかな〜

精度の高い溝台かサイコロか、それか地金でも良いな〜w









では他の作品も更新していくのでお楽しみに!


じゃー宿題があるのでドイツ語やります。

Auf  Wiedersehen!