2012年12月26日水曜日

プラハ:その2

…さっきの続き。


今回は美術館について。
※一応美術を勉強している学生なのでw









ここは『NATIONAL GALLERY IN PRAGUE』
























1階から5階まであり、近代から現代のアート作品が収蔵されています。


世界の有名なアーティストやチェコ出身のアーティストなど

かなり見応えのある美術館でした。


時間的にじっくり観なくても2時間以上かかるくらいの量があります。

絵画、彫刻、インスタレーション、映像、建築、デザイン、工芸などなど…







チェコの作家さんは人体や顔をモチーフにした作品が多かった印象。

雰囲気的には少し暗い感じで、ブラックジョーク的なのも。












エントランスには芸大でもおなじみのロダン作の『バロック像』が。
































1階では『Alfons Mucha』ミュシャの企画展がやっていたのでそれも観てきました。


















400×800cmなどの超デカい作品達。


今までミュシャの作品は小さい作品しか観た事無かったのでかなりの迫力。








一番好きだったのはこの作品。


















世界観とか構図とか好きですねー

人物の魅力的な感じも良いです。









他にも「ミュシャ美術館」がプラハ市内にあります。

今回は行きませんでしたが、そこも面白いらしいです。

















ここは廃屋を利用したギャラリー。

『AMoYA』というチェコの若手アーティストを集めた企画展。


















場所と作品が合っていて面白い空間になってました。

























これは「1000本の矢」というタイトル。



















これは「Shark」という作品。
























ホルマリン漬けになっているおじさん。

廃屋にマッチしていて超怖かったです…










これは体操のキリストさんw
























300cmくらいある大きな作品。

個人的には一番好きでしたw














プラハ市内には他にも多くのギャラリー、カフカ美術館など見所がたくさん。

今回行けなかった場所もいつか行ってみたいですね。







出来れば今度は暖かい時期にw













ではではプラハの紹介はこれくらいで。


みなさんもお時間がある時に是非ヨーロッパへ!





メリークリスマス!
Frohe Weihnachten!


プラハ:その1 

ども!




先日アカデミーの友人のすすめで、

チェコのプラハへ小旅行に行ってきました。


















ミュンヘンからはバスで4時間くらいで、値段もわりと安め。

EU圏内ではありませんが、€も使えました。
※一部場所を除く。通貨はKoruna česká(チェコ・コルナ)

基本的にチェコ語を話しますが、観光地なので英語でもok。





天気は雪が降ったり止んだりの極寒の3日間。

とにかく寒かった…
















ここは観光名所の『Pražský hrad』プラハ城。
























城壁に囲まれていており、

中には、聖ヴィート大聖堂、黄金の小路、聖イジー聖堂など

広い敷地内に多くの名所があります。



確かギネスにも載っているのかな?












建物内部はこんな感じ。
(聖ヴィート大聖堂)
























壁にはステンドグラス、豪華装飾品でかなりのゴージャス感。

ゴシック様式らしいです。
























こんな部屋もあってかなり見応え十分でした。

































ここは有名な『Karlův most』カレル橋。


















プラハ最古の橋で、多くの観光客で賑わってます。


橋の上には露店や大道芸をやっている人もチラホラ。



ちらっと見えますが、橋の両側には彫刻があり、30体あるそうです。



ちなみに川の名前は「モルダウ川」














ここは旧市庁舎前広場のクリスマスマーケットの様子。
























メインのストリートでは露店がたくさん並んでいてイルミネーションでキラキラ。


寒空の下ホットワインを飲みながらの観光も最高です。












夜には小さな室内楽のコンサートにも行ってきました。


















場所は国立博物館の中で、

6人編成の演奏を聴いてきました。



ブラームスやモーツァルトなど1時間くらいの内容。



のだめカンタービレが好きな私には楽しいひとときでしたw












小さな町でしたが、歴史を感じさせる場所や建物が数多くあって

とても魅力的なところって感じ。


















では「その1」はこのへんで終わりにします。

「その2」ではプラハの美術館やギャラリーについて書きたいと思います。








次回へ続く…


2012年12月13日木曜日

DANNERコンペ

ども!


12月のミュンヘンは寒いです!

−3〜−10℃くらいの気温で雪もかなり降ってます。





南関東育ちの私には耐えられません…

早く雪国の生活に慣れなくては。













今日は以前あったDANNERさん主催のコンペの作品を紹介。



毎回テーマを学生達で話し合って決めるのですが、

今年のテーマは『toten Schmuck』
※意味的には死んだ人の装身具







私の作品はリンゴをモチーフにしたこれ。





































「giften Apfel」

○ネックレス(Halskette)

○材料
   並四分一(Shibuichi)、紐(Schnur)

○コンセプト
   毒リンゴを食べたとあるお姫様みたいに、眠っているかのように見えるこの人
   も運命の人のキスで目が覚めれば良いのに。






自分の中では

“死”というものを暗いテーマにならないようにする、

“死んだ人”よりも“残っている人”の方に重点をおいて考える、

という2つの事を意識して展開させていきました。




“死んだ人”よりも“残っている人”の方に重点をおいて考えるとは、

残された人達が亡くなった人の為にジュエリーをつけるという行為によって

自分達が精神的に救われようとする事なのではないかと思いました。




ジュエリーを身につける人だけではない、周りの人にも影響する作品って感じ。










今まで深く考えて作品を作っていなかった分、とても刺激になったコンペでした。


他の学生の作品も見れたし、かなり勉強になったな〜




今図録作りも行なわれているので完成したら紹介します。















こんな感じで日々苦戦しながら制作してます。

ではではまた更新します。

Auf Wiedersehen!

2012年12月7日金曜日

Dezember!

ども!


早いもので今年も残すところあと1ヶ月。

今年は人生のターニングポイントになる1年でした。

新しい環境、先生、友人、文化の違いなどなど…



まぁ詳しい事は年末にまとめる事にします。

残りの1ヶ月でまだまだやりますよー!
















とりあえず今やっている事。




これはドイツのアカデミーで使っているピッチボール。


















昔のブログに載っていますが、日本のやつは黒い「ヤニ(脂)」

というものが入っています。


この赤いやつの名前はわかりませんが、日本のヤニと同じように

バーナーで炙って柔らかくしてから使います。
※作品を固定して加工するのに使用






使ってみての印象は、

日本のヤニよりも粘り気が少なく、冷めるのが早い感じ。


しかも中身の量自体も少なく、日本みたいに山盛りにせず平らな状態で使用。


取り外す時は簡単に剥がれるので、それは便利だったかも。




日本みたいに、彫ったり、打ち出したりする事が少ないので

こういうピッチボールを使ってるのかなーと思ったり…









これはテストピースの銀板。
※厚さ0.5mm


















次に使うテクスチャーを研究中。


金属に固執しているわけではありませんが、

使い慣れた材料を加工しているとやっぱり楽しいですね。










これは厚紙でマケットを作って塗装したところ。


















設計図を描いてから金属で作るのではなく、

この作品は形を決める所からプロセスを始めてます。



スケッチをせずに自分のテーマに合った形を探し、

それにベストな材料を選んで作品にする。

という、まぁ言ってみれば訓練みたいなもんですかね。










○材料を加工しながら、素材に触れながら面白さを見つけ出す。
 →マテリアル中心

○頭に浮かんだイメージやテーマ、メッセージを絵に描きながらアイディアを練る。
 →コンセプト中心

○全体像を紙や粘土などで作りながらベストな形へ変化させて探していく。
 →感覚中心



この3つを大事に制作をしていますが、

なかなか思うようにバランスがとれなく苦戦中。







いつも違うアプローチから作品を考え、様々な可能性を探し中です。


どれが自分に合っているか、どれが足りないのか。





もしかしたらこうやって考えすぎているのが一番問題なのかもしれませんがね…









こんな感じで最近は作品を完成させる事よりも、

もっと前の段階を重視して勉強しています。




様々なアドバイスをくれるOtto Künzli(うちの教授)はやっぱり偉大でしたね。










ではまた更新します!

Auf Wiedersehen!





2012年11月28日水曜日

学生紹介!

ども!

10日間日本へ帰国してました。

久しぶりの日本…やっぱり日本はいいですね〜


家族、友達、地元、ご飯、お酒などなど…













あと、日本にいる時に先日学内で行なわれたコンペの結果が出て、

残念ながら賞は何も獲れてませんでしたー





まぁそうだろうな〜って感じ。



周りのレベルの高さに負けないように日々精進していきます!

次回リベンジ!!














今回は大学の先輩を紹介します。

これから有名になっていくだろうという作家の人達です。






この方は韓国からきたSUNGHO CHO(通称ソンホ)


















材料屋さんに連れて行ってくれたり、韓国料理屋を案内してくれたりと、

いろいろお世話になっています。










作品は金属をベースに、ゴミになりそうな端材などを組み合わせています。

上がブローチで下がリング。

日頃から色々なモノ、形、色に興味を持って生活しているそうです。


一度役目が終わっても、そのモノの中にはまだ輝いている部分があるんですね。






形にする時は設計図などは描かず、その材料を見ながら頭でイメージして

進んでいくそうです。



自分とは全く違うのでとても勉強になります。







3月にドイツで展示があるそうなので

ドイツに来る予定の人は是非行ってみて下さい。

詳細がわかったら教えますー
















また定期的に他の学生紹介もしていきたいと思います。




それでは!

Auf Wiedersehen!


2012年11月11日日曜日

コンペ

ども!


11月なのに毎日寒いです。

日本はまだ15℃とかあるんですかね?











自分の通っている学校では毎年、

『ダーナーコンペティション』という公募展が行なわれています。



これはミュンヘンの現代美術館(Pinakothek der Moderne)にある

コンテンポラリージュエリーコーナーをプロデュースしているダーナーさんが

私の学校の学生だけを対象としたコンペらしいです。



毎年ランダムにギャラリストやアーティストを呼んで数人で審査をするだとか。

もちろん上位数人には賞金も出るみたい。





テーマを学生達で話し合って決め、それに合わせて各自制作します。

期間が短く、たったの2週間…





作っていた作品を中断し、コンペに向けて新作を開始!














テーマは言って良いのかわからないので伏せますが、こんな感じで進めてます。


















日本でもやった事無いのに、

並四分一(銅と銀の合金。融点が低く、硬くて割れやすい)を叩いて加工中。
※専門用語だと「絞り。−る。」


始めてから若干後悔しましたが、時間が無いので突き進んでますw





何を作っているかわかりますかね…








審査も全て終了したら、展示と図録制作が始まります。

そうしたらテーマなどの詳細を紹介しますねー










では土日も学校が空いているので今日も作業してきます。



また更新します。

Auf Wiedersehen!

2012年11月4日日曜日

November!

ども!



もう11月ですね。

今年もあと2ヶ月…


時間が経つのは早過ぎるなー汗









ミュンヘンでは先日雪が降りました。


















この時期に積もるのは珍しいらしく、早速冬の洗礼を受けています…


気温的にはずっと一ケタって感じ。

東京のピーク時を既に体感しましたね。



しかも冬服が無いので早く買わねば!












10月末に芸大彫金研究室の元講師、

田口先生がミュンヘンまで遊びに来てくれました。


















ベルリンにある日本の方が運営するジュエリーのギャラリーに

作品を渡す為にドイツにいらっしゃったみたいです。


わざわざベルリンからミュンヘンまで来て下さり、

美術館、ギャラリー巡りやら学校案内やら楽しいひとときでした〜




田口先生は今では兵庫にある、『神戸芸術工科大学』という学校で

金工の先生をしているそうです。
http://www.kobe-du.ac.jp/faculty_member/taguchi-f/



関西方面のギャラリーなどで展示をしたり、海外のコンペに参加するなど、

昔から尊敬していた先生の一人。


特に自分の技術は田口先生仕込みです。
※無理矢理なロウ付けとかね…w







自分も負けないように日々精進していきます!












最後にちょっとだけ制作。



色々新しい事にチャレンジするべく、テストピース作り。


















『形』しか無かった自分に、

『色』を足そうと試行錯誤中。



もちろんセンス無さ過ぎて悲しい日々…

予備校時代も着彩課題が苦手だったな〜と。







将来どんな作品になるかわからないけど、

色んな事にチャレンジして自分に合うスタイルを探せれば良いと思ってやってます。



良い意味でゆっくりね。








ではまた更新します。

Auf Wiedersehen!

2012年10月29日月曜日

初リーグ戦

ども!




先日バレーの大会に初参加してきました。


ドイツでは多くのリーグが存在し、8チームで順位を競います。

シーズンは10月〜3月まで。



もちろん上のリーグとの入れ替えも有り、

白熱した試合が行なわれています。









ここはロッカールーム。


















手作りの大段幕に、ラジカセ(爆音)でみんなでテンション上げまくってます!









これが俺の所属している『MTV München』というチーム。


















小さい選手が後ろと言われたので自分は後列へ〜

前列はデカい人達ばっかりです。







今回は2試合。

残念ながら結果は0−3、2−3で2連敗スタート…



かなり課題の残る試合内容でした。

今期初試合だったのでローテーションとかを考え直した方がいい気がしましたね。


まぁ監督もいるし入ったばっかりだし、

直接言えないのが日本人のダメなところなのか…





試合は2週間おきに行なわれるので次までに修正出来ると良いんですけどね〜








個人の能力はドイツ人には勝てないけど、

組織力と戦略は日本の方が断然いいです。



一度練習試合とかやってみたいな…

ドイツチーム対日本チーム。


俺は日本チームで。














ではでは制作の続き。




今回はパーツを全部ロウ付けし、綺麗にする作業中。
※夢中になりすぎて途中の写真を忘れましたw


















これはオリジナルのブローチ金具。


















実際の着け心地とかが気になります。


使いにくかったりしそうで、ちょっとビビり中。


まぁ長い目で見て試行錯誤して良くなっていけば良いんですが…











ではまた更新します。

ちゃんとドイツ語もやらないとな…


Auf Wiedersehen!

2012年10月25日木曜日

入学式もどき〜

ども!





今日はアカデミーの入学式(のようなもの)がありました。

だいぶ時間が経っていますがw


















大きめのホールみたいな場所に集合し、学長の話などを聞きました。



どうでもいいですが、

スクリーンの後ろにある絵は、デカい織物です。

歴史的なものらしいですよ〜










その後、すぐ立食パーティー!
※こっちがメインw


















もちろんドイツなのでビールサーバーでビール注ぎ、

みんなジョッキで飲んでます!





本当にこっちの人はビールが好きですねー











今年入学した新入生は100人弱みたい。

教授一人(約20人?)につき4〜5人の学生が入学してきているらしいです。






年齢層は芸大よりも高いかな。

何かしら経験を積んだ人が入ってくるみたいですね。


大学で助手をやっていた人、博士、大学院生だった人などなど…











とりあえず、タダ食いタダ飲みして帰って来ましたw

他科にも早く友達が欲しいですね。















制作はというとテストピース作りでシルバー叩いています。


















こんな感じで作業中。


金属を叩いて成形する学生がいないので、

自分が作業をしていると同じ部屋の学生が興味津々みたい。



金槌の叩くリズムが面白いらしいです。
※前田先生仕込み












これは日本から持ってきた『打ち出しタガネ』という道具。


















こっちではタガネが無いので珍しがられます。




日本の伝統技法の一つとして紹介中。






最近思ったのですが、

自分の見せる道具が日本の基準になるので若干のプレッシャーが…


変な道具や説明は出来ないですね。









今冷静に見ると当時の道具作りは下手だったなーと実感。涙


当時は完璧に作ったと思っても実際は全然ダメなんですね〜



2年生の時の俺に言ってやりたい…。

所詮お前はこの程度のヤスリがけしか出来ない…と。。







今道具を作っている2年生、これから作るであろう未来の彫金の学生…

ヤスリがけは奥が深いよ。。










まぁプラスに捉えて自分の見るレベルが上がったのだと思う事にします。




いつでもポジティブシンキング!!











ではではまた更新します!

Auf Wiedersehen!

2012年10月23日火曜日

芸術の秋、スポーツの秋


ども!



ドイツでは四季があんまりないと言っていましたが、

短い秋(1週間前後)が始まりました。








これは学校の窓から見た景色。


















眺めが最高です。






秋の紅葉は神秘的ですね。






そして残念ながらすぐに冬になるみたい。


10月27日は2℃予想…

−20℃にまでなる冬が恐ろしいです。。













とりあえず芸術の秋で新作へ。





前回載せたブローチは材料探し中の為一時中断。


なので違う作品作ります。
※半年間エスキースしか出来なかったのでネタはたくさん温め中!








これは師匠のビンテル氏から授かった糸ノコ仕事用のスリ板。
























あの溝に糸ノコを入れます。

なんの木か忘れましたがとっても使いやすいです。





師匠ありがとうございます。








使う素材はシルバー925、厚さ0、5mmの板。


















これはベースの部分なのでメインの部分は全然違う素材がきます。




とりあえず、芸大ではチャレンジ出来ないような事を

どんどんやろうと考え中。













次はスポーツの秋でバレー観戦へ。





ここはミュンヘンのオリンピアセントラルにある体育館。

名前の通り、ミュンヘン五輪の会場となった場所です。


















体育館はドイツ語で『Halle』ハレ。

入り口が『Eingang』アインガング。

東が『Ost』オスト。








日本ではバレーのトップリーグの事を“プレミアリーグ”と呼びますが、

ドイツでは“ブンデスリーガ”と呼びます。
※サッカーと同じかな?









ベルリンのチームとミュンヘンのチームの試合。



良いチケットがとれて選手達の入り口近くの席になりました。


















オレンジの人(レシーブ専門のリベロ)がちっちゃいですねー



…でもプロフィールをみたら俺よりデカい。。







2m以上がたくさん居すぎてもうスケールが違いすぎます。


















あーネットが低く感じる…




反対コートの白いリベロは197cmとかあるらしいです。


恐ろしい〜









結果はフルセットでベルリンの勝ち。


30点以上までいったセットや、逆転劇のあったセットなど、

観ていてかなり面白かったです。








でも

観るのも良いですがやっぱりプレーしたい!











ではでは秋の夜長を利用してまた更新します!

Auf Wiedersehen!

2012年10月20日土曜日

工房見学

ども!




先日、アカデミー内の工房見学に行ってきました。






ここでは、使いたい素材や試してみたい事などを

専門的な工房で自由にやらせてくれるそうです。



個人的にアポイントメントをとれば、

ワークショップという形で素材や機材を扱う事ができます。


細かなエスキースが無くても、体験目的で申し込めるそうです。











新入生と案内してくれているマティアス。


















マティアスはジュエリークラスのテクニシャンというポジションで、

その名の通り技術的な事をメインに相談にのってくれる先生です。


ちょっとしか見ていませんが、テクニックがハンパないです。











ここは石材工房的な所。



















イメージ的には狭くなった芸大取手キャンパスって感じ。


石材工房、木材工房、鋳造工房、金属工房、ガラス工房、

陶芸工房、紙工房、塗装工房、写真、パソコン関係etc…






面倒な手続きも必要ないし、

そこの担当の先生に相談すればなんでもやらせてもらえるそうです。







自分で動けばたくさんの経験が出来る場所ですね。















ちょっとだけ自分の事も…



ドイツの初作品はブローチに挑戦しようと考え中。


















本格的なブローチを作るのが初めてなので、

金具作りなどから考えてます。




構造も自分で考え、オリジナルで作成。



コンテンポラリージュエリーの作家さんはみんな個性溢れる金具を作っています。





何人かの先輩に見せてもらったのですが、金具だけでもカッコいい!


使い易さ、作り易さの追求が凄いです。







早速勉強になりました…











自分は厚紙で簡単なマケットを作るのが好きなので、今回も始めは厚紙で。



















表の部分はまだ秘密です。








こんな感じで学校のシステムにも慣れていきつつ、

制作出来たら良いなと思っています。




とりあえずどこかの工房は使ってみたいですね。












ではではまた更新します!


Auf Wiedersehen!


2012年10月18日木曜日

アトリエ

ども!





今日は自分の制作場所の紹介。











アカデミーのGoldschmiedekunst(コンテンポラリージュエリークラス)では

新入生を合わせて26人が在籍中。




制作場所は

大きなアトリエ(約8人部屋)が2つ、

小さなアトリエ(約4人部屋)が3つあります。





システム的には

卒業生が出た後の空いている席を新入生が自由に選ぶ感じ。









ここは大きなアトリエ。


















自分はここのアトリエの右端手前の机を使う事になりました。


















見覚えがある人もいると思いますが、E–MAX(リューター)もちゃんとありますw





個人で使える範囲としては、

・火を使ったりヤスリをかけたりするガッチリしたこの机

・振り返った後ろにもう一つある軽作業用の机

・道具を入れる棚2つ

・スリ板

・削りカス受けのシート

・ガスバーナー

が各自もらえます。






他にも、

・七宝(オリジナルの釉薬や窯など)の設備

・鋳造(ワックス加工やアルミなどの鋳造も)の設備

・鍛造(多くの当て金やハンマーなど)の設備

・紙作り(紙すきなど)の設備

・塗装ブース

・石研磨

など、芸大より広くはありませんが、一通りの設備は整っている感じです。

もちろん誰がどれを使っても大丈夫です。








ザ・自由!












以前も紹介したかもしれませんが、

カルチャーショックを受けたのはこのトーチ(ガスバーナー)
























ガスは普通なのですが、酸素が出る部分は自分の息で調整します。

みんなホースの先っちょを咥えてロウ付けなどをおこなっていました。
※慣れるとやり易いらしいですよ。







もちろん金属を溶かしたりする為のコンプレッサー付きバーナーや

酸素バーナーもあります。



全員が金属を使うわけではないので、

使いたい人が使うって感じです。











これは日本人の先輩、池山さんからいただいた回転ロウ付け台。


















ここの学生はみんな使っている便利道具の一つらしいです。





まさかもらえるなんて思っていなかったのでビックリ。

池山さんにホント感謝してます。

ありがとうございましたー









こんな感じで制作もようやくスタートを切れました。


徐々に作業工程も載せていきたいと思います。








ではではまた!

Auf Wiedersehen!