2012年10月29日月曜日

初リーグ戦

ども!




先日バレーの大会に初参加してきました。


ドイツでは多くのリーグが存在し、8チームで順位を競います。

シーズンは10月〜3月まで。



もちろん上のリーグとの入れ替えも有り、

白熱した試合が行なわれています。









ここはロッカールーム。


















手作りの大段幕に、ラジカセ(爆音)でみんなでテンション上げまくってます!









これが俺の所属している『MTV München』というチーム。


















小さい選手が後ろと言われたので自分は後列へ〜

前列はデカい人達ばっかりです。







今回は2試合。

残念ながら結果は0−3、2−3で2連敗スタート…



かなり課題の残る試合内容でした。

今期初試合だったのでローテーションとかを考え直した方がいい気がしましたね。


まぁ監督もいるし入ったばっかりだし、

直接言えないのが日本人のダメなところなのか…





試合は2週間おきに行なわれるので次までに修正出来ると良いんですけどね〜








個人の能力はドイツ人には勝てないけど、

組織力と戦略は日本の方が断然いいです。



一度練習試合とかやってみたいな…

ドイツチーム対日本チーム。


俺は日本チームで。














ではでは制作の続き。




今回はパーツを全部ロウ付けし、綺麗にする作業中。
※夢中になりすぎて途中の写真を忘れましたw


















これはオリジナルのブローチ金具。


















実際の着け心地とかが気になります。


使いにくかったりしそうで、ちょっとビビり中。


まぁ長い目で見て試行錯誤して良くなっていけば良いんですが…











ではまた更新します。

ちゃんとドイツ語もやらないとな…


Auf Wiedersehen!

2012年10月25日木曜日

入学式もどき〜

ども!





今日はアカデミーの入学式(のようなもの)がありました。

だいぶ時間が経っていますがw


















大きめのホールみたいな場所に集合し、学長の話などを聞きました。



どうでもいいですが、

スクリーンの後ろにある絵は、デカい織物です。

歴史的なものらしいですよ〜










その後、すぐ立食パーティー!
※こっちがメインw


















もちろんドイツなのでビールサーバーでビール注ぎ、

みんなジョッキで飲んでます!





本当にこっちの人はビールが好きですねー











今年入学した新入生は100人弱みたい。

教授一人(約20人?)につき4〜5人の学生が入学してきているらしいです。






年齢層は芸大よりも高いかな。

何かしら経験を積んだ人が入ってくるみたいですね。


大学で助手をやっていた人、博士、大学院生だった人などなど…











とりあえず、タダ食いタダ飲みして帰って来ましたw

他科にも早く友達が欲しいですね。















制作はというとテストピース作りでシルバー叩いています。


















こんな感じで作業中。


金属を叩いて成形する学生がいないので、

自分が作業をしていると同じ部屋の学生が興味津々みたい。



金槌の叩くリズムが面白いらしいです。
※前田先生仕込み












これは日本から持ってきた『打ち出しタガネ』という道具。


















こっちではタガネが無いので珍しがられます。




日本の伝統技法の一つとして紹介中。






最近思ったのですが、

自分の見せる道具が日本の基準になるので若干のプレッシャーが…


変な道具や説明は出来ないですね。









今冷静に見ると当時の道具作りは下手だったなーと実感。涙


当時は完璧に作ったと思っても実際は全然ダメなんですね〜



2年生の時の俺に言ってやりたい…。

所詮お前はこの程度のヤスリがけしか出来ない…と。。







今道具を作っている2年生、これから作るであろう未来の彫金の学生…

ヤスリがけは奥が深いよ。。










まぁプラスに捉えて自分の見るレベルが上がったのだと思う事にします。




いつでもポジティブシンキング!!











ではではまた更新します!

Auf Wiedersehen!

2012年10月23日火曜日

芸術の秋、スポーツの秋


ども!



ドイツでは四季があんまりないと言っていましたが、

短い秋(1週間前後)が始まりました。








これは学校の窓から見た景色。


















眺めが最高です。






秋の紅葉は神秘的ですね。






そして残念ながらすぐに冬になるみたい。


10月27日は2℃予想…

−20℃にまでなる冬が恐ろしいです。。













とりあえず芸術の秋で新作へ。





前回載せたブローチは材料探し中の為一時中断。


なので違う作品作ります。
※半年間エスキースしか出来なかったのでネタはたくさん温め中!








これは師匠のビンテル氏から授かった糸ノコ仕事用のスリ板。
























あの溝に糸ノコを入れます。

なんの木か忘れましたがとっても使いやすいです。





師匠ありがとうございます。








使う素材はシルバー925、厚さ0、5mmの板。


















これはベースの部分なのでメインの部分は全然違う素材がきます。




とりあえず、芸大ではチャレンジ出来ないような事を

どんどんやろうと考え中。













次はスポーツの秋でバレー観戦へ。





ここはミュンヘンのオリンピアセントラルにある体育館。

名前の通り、ミュンヘン五輪の会場となった場所です。


















体育館はドイツ語で『Halle』ハレ。

入り口が『Eingang』アインガング。

東が『Ost』オスト。








日本ではバレーのトップリーグの事を“プレミアリーグ”と呼びますが、

ドイツでは“ブンデスリーガ”と呼びます。
※サッカーと同じかな?









ベルリンのチームとミュンヘンのチームの試合。



良いチケットがとれて選手達の入り口近くの席になりました。


















オレンジの人(レシーブ専門のリベロ)がちっちゃいですねー



…でもプロフィールをみたら俺よりデカい。。







2m以上がたくさん居すぎてもうスケールが違いすぎます。


















あーネットが低く感じる…




反対コートの白いリベロは197cmとかあるらしいです。


恐ろしい〜









結果はフルセットでベルリンの勝ち。


30点以上までいったセットや、逆転劇のあったセットなど、

観ていてかなり面白かったです。








でも

観るのも良いですがやっぱりプレーしたい!











ではでは秋の夜長を利用してまた更新します!

Auf Wiedersehen!

2012年10月20日土曜日

工房見学

ども!




先日、アカデミー内の工房見学に行ってきました。






ここでは、使いたい素材や試してみたい事などを

専門的な工房で自由にやらせてくれるそうです。



個人的にアポイントメントをとれば、

ワークショップという形で素材や機材を扱う事ができます。


細かなエスキースが無くても、体験目的で申し込めるそうです。











新入生と案内してくれているマティアス。


















マティアスはジュエリークラスのテクニシャンというポジションで、

その名の通り技術的な事をメインに相談にのってくれる先生です。


ちょっとしか見ていませんが、テクニックがハンパないです。











ここは石材工房的な所。



















イメージ的には狭くなった芸大取手キャンパスって感じ。


石材工房、木材工房、鋳造工房、金属工房、ガラス工房、

陶芸工房、紙工房、塗装工房、写真、パソコン関係etc…






面倒な手続きも必要ないし、

そこの担当の先生に相談すればなんでもやらせてもらえるそうです。







自分で動けばたくさんの経験が出来る場所ですね。















ちょっとだけ自分の事も…



ドイツの初作品はブローチに挑戦しようと考え中。


















本格的なブローチを作るのが初めてなので、

金具作りなどから考えてます。




構造も自分で考え、オリジナルで作成。



コンテンポラリージュエリーの作家さんはみんな個性溢れる金具を作っています。





何人かの先輩に見せてもらったのですが、金具だけでもカッコいい!


使い易さ、作り易さの追求が凄いです。







早速勉強になりました…











自分は厚紙で簡単なマケットを作るのが好きなので、今回も始めは厚紙で。



















表の部分はまだ秘密です。








こんな感じで学校のシステムにも慣れていきつつ、

制作出来たら良いなと思っています。




とりあえずどこかの工房は使ってみたいですね。












ではではまた更新します!


Auf Wiedersehen!


2012年10月18日木曜日

アトリエ

ども!





今日は自分の制作場所の紹介。











アカデミーのGoldschmiedekunst(コンテンポラリージュエリークラス)では

新入生を合わせて26人が在籍中。




制作場所は

大きなアトリエ(約8人部屋)が2つ、

小さなアトリエ(約4人部屋)が3つあります。





システム的には

卒業生が出た後の空いている席を新入生が自由に選ぶ感じ。









ここは大きなアトリエ。


















自分はここのアトリエの右端手前の机を使う事になりました。


















見覚えがある人もいると思いますが、E–MAX(リューター)もちゃんとありますw





個人で使える範囲としては、

・火を使ったりヤスリをかけたりするガッチリしたこの机

・振り返った後ろにもう一つある軽作業用の机

・道具を入れる棚2つ

・スリ板

・削りカス受けのシート

・ガスバーナー

が各自もらえます。






他にも、

・七宝(オリジナルの釉薬や窯など)の設備

・鋳造(ワックス加工やアルミなどの鋳造も)の設備

・鍛造(多くの当て金やハンマーなど)の設備

・紙作り(紙すきなど)の設備

・塗装ブース

・石研磨

など、芸大より広くはありませんが、一通りの設備は整っている感じです。

もちろん誰がどれを使っても大丈夫です。








ザ・自由!












以前も紹介したかもしれませんが、

カルチャーショックを受けたのはこのトーチ(ガスバーナー)
























ガスは普通なのですが、酸素が出る部分は自分の息で調整します。

みんなホースの先っちょを咥えてロウ付けなどをおこなっていました。
※慣れるとやり易いらしいですよ。







もちろん金属を溶かしたりする為のコンプレッサー付きバーナーや

酸素バーナーもあります。



全員が金属を使うわけではないので、

使いたい人が使うって感じです。











これは日本人の先輩、池山さんからいただいた回転ロウ付け台。


















ここの学生はみんな使っている便利道具の一つらしいです。





まさかもらえるなんて思っていなかったのでビックリ。

池山さんにホント感謝してます。

ありがとうございましたー









こんな感じで制作もようやくスタートを切れました。


徐々に作業工程も載せていきたいと思います。








ではではまた!

Auf Wiedersehen!


2012年10月14日日曜日

キノコ狩り

ども!


10月に入り、ドイツでは気温10〜15℃くらいの日が続いています。





ヨーロッパではあまり四季が無いと聞いていたのですが、

最近は秋って感じがします。


まぁ多分すぐに冬が来るんだと思いますが…










今週末は天気が良かったので、

同居人達とミュンヘン郊外の大きな公園にキノコ狩りへ行ってきました。


















ルームシェアのメンバーはみんな学生で、

食費を浮かそうと張り切ってキノコを狩りに!






もちろんみんな素人なので、

野生キノコの本を持ってチェックしながら2時間くらい探しました。











どこかで見た事あるような…
























某、赤い服のヒゲのおじさんが食べて大きくなるあれですかね。。

スーパーマ◯オ。



もちろん一般人が食べても大きくならないし、スピードも速くなったりしませんよー









これはスーパー◯リオ2に出てきた小さくなっちゃう毒キノコみたい。
























キノコはたくさん種類があって面白いですね〜








一緒に行った大学の友人。
























…イヤイヤ。絶対食べれないでしょ。。











疲れたので帰ろうと思っていたら、偶然お目当てのキノコに遭遇!


これは『パラソル』というキノコ。
























似ている種類も少ないし、美味しいし、安全なキノコです。







早速帰ってキノコのバター醤油炒めを作って食べたのですが、

お腹が減りすぎてすぐ食べちゃったので写真がありませんw



とりあえず今ブログを書けているので、毒キノコには当たらなかったみたいです〜










その後、みんなで節約料理会に。


















4人でスイートポテトとメロンパンを作りました。



同居人がどっちも知らなかったので、

スイートポテトもメロンパンもドイツにはないみたいです。







作業行程で面白かったのが、

日本人の二人がきっちりと分量を量っているのに対し、

ドイツ人と韓国人のルームメイトは適当に分量を計っていた事。


他にも、日本人は使わない道具をすぐ洗うのに対し、

彼らはとりあえず色んな場所に置いているだけでした。




文化の違いは面白いですね〜

自分はそういう事を全然気にしないので、見てて楽しんでましたがw









かなり時間がかかりましたが、無事完成!


















形が悪い事は気にしませんw

でも出来立てパンはホント美味しかったです。



節約出来て、お腹いっぱいになって楽しい週末でした。









とりあえず新居生活はこんな感じで楽しんでいます。


語学勉強の為にもなるべくみんなに絡んでいく!

…というのが最近の目標です。









ではまた更新します〜

Auf Wiedersehen!

2012年10月12日金曜日

Oktoberfest

ども!


最近新しい家に引っ越してネット環境が良くなったので、

これからは更新の回数を増やしていける!…はず。。











年に一度行なわれているドイツで一番盛り上がるお祭り、

オクトーバーフェスト(Oktoberfest、Wiesn←これはバイエルン訛りでビ−ズン)

へ行ってきました!


















10月の1週目の日曜日を最後に、

16日間開催されます。








世界中から観光客が集まっていてもの凄い盛り上がり。
※近年では700万人近くが訪れるみたいです


バイエルンの経済はこのお祭りでかなり潤ってるらしいw


















ここは巨大テント(テントと言っても超デカい建物)なんですが、

有名なビール会社が自分のテントを建て、そこでみんな飲んでます。
※多分巨大なテントが14?棟で、他のテントが複数あります

 シュパーテン(Spaten)、アウグスティナー(Augustiner)、
 パウラナー (Paulaner)、ハッカープショール(Hacker-Pschorr)、
 ホフブロイ(Hofbräu)、レーヴェンブロイ(Löwenbräu)がドイツで有名なビール醸造所








中には音楽隊がいて、

朝から歌いっぱなし、飲みっぱなしでしたー


















もちろんビールは1ℓ!

これの事をこっちでは『マスビール』と呼んでます。


















なんと、ここのおばちゃん達(ウエイトレスさん)は両手で10個持てるらしいです。


…ジョッキの重さを足すと10何キロですかね。



あ〜凄い。。













これはアカデミー(留学先)の人達と飲みに行った所。


















もちろん右側の人は知らない相席のドイツ人です〜




ここでは相席も関係なく、

みんなで楽しく盛り上がろう!って感じでした。


お酒の前では共通言語も必要ないですねw











巨大テントの他にも、


遊園地や屋台みたいなのもあります。
























この数週間の為だけに

長期間かけて巨大遊園地を作ってるらしいです。









上から見るとわかりますが、

たくさんのテントとたくさんの人の姿が…


















ここは東京ドーム約9個分の広さらしいです。
※友人情報







フラフラなドイツ人や陽気なイタリア人など

色々見れましたw










もし行きたい方がいたら平日をお勧めします。


というか休日はテントの中には入れません!
※1年前から予約している人とかがいるみたいです

ホントに人が多すぎ。


まぁ朝早く(8時くらいから)並べば大丈夫みたいですけどねw










最後におまけ



ドイツ語で『乾杯』は

『prost !』プロスト!です。



機会があれば是非使ってみてくださーい。












ではでは今日はこれくらいで〜

Auf Wiedersehen !


2012年10月11日木曜日

Oktober

ども!

ようやく待ちに待った10月に突入です。


これから本格的に制作を開始できる…涙





とりあえず今回は大学の友人達と行った旅行の事を。












先日、金工ズの同級生達がはるばるドイツまで来てくれました。


自分以外の連中はベネチア→ミュンヘン→ウィーンという流れで約10日間の旅。

自分はミュンヘンから合流し、1週間くらい一緒にいました。








ミュンヘンでは美術館や観光地などを一通り案内し、

ちょっと遠出して電車でフッセンまで行ってきました。






これが有名なNeuschwanstein Schloss(ノイシュバンシュタイン城)
























これは有名なディズニーランドのシンデレラ城のモデルになったお城らしいです。

やっぱり有名な観光地だけあってたくさんの人がいました。


中も見学可能(もちろん有料…)だったので中も散策。



この城を直訳すると、

白鳥をモチーフに石で作られた新しいお城。(多分)
Neu:新しい Schwan:白鳥 Stein:石


中の家具や柱などに白鳥の形が用いられていて興味深かったです。











ドイツなのでもちろんビアガーデンにも行きました。


















みんなが持っているのは1ℓのマスビール。

朝〜昼〜夜と飲んだくれの旅でしたw











その後、飛行機でウィーンへ。


1時間もかからず到着。

近いって素晴らしいですね。


















オーストリアはドイツ語圏なのでドイツの感じとかなり似てました。



イメージですが、

ミュンヘンは男性っぽく

ウィーンは女性っぽかったですw
(↑来れば絶対共感できます!)









ここはベルベデーレ宮殿。


















昔の人はどんだけ自分の権力を見せつけようとしたんだろうって感じ。

かなり広かったです。


写真ではわかりませんが、ここの庭は緻密に手入れされていて、

奥に行くにつれて段々と生け垣などが広く(逆パース状態)なっています。

昔から目の錯覚などを利用していたんですね〜

勉強になります。











次に建築家のフンダートバッサーが建てたアパートと美術館へ。
























カラフルで直線が全然ない変わった建物。

画家もやっていたみたいで、たくさんの絵画も展示してありました。
(クレイジーなビデオもw)


色使い、構図が面白くて多くのファンがいるみたいですね。

もちろんここも有名な観光地でした。





作品に『百水』という落款が押してあり、

どういう意味かな〜と考えていたらピーンときました!



ドイツ語で

Hundert:百 Wasser:水


…そのままでしたw




日本の浮世絵などの影響もかなり受けているみたいで、

かなりの日本好きだったみたいです。












あとは『ザッハートルテ』を食べに有名なカフェへ。


















ここのケーキが有名らしくて張り切って食べに!

しかし、予想と違って砂糖の甘さが強いケーキで、

男4人で苦戦してましたw


ほろ苦いコーヒーが美味しかったな…














久しぶりに会ってもみんな相変わらずで元気が出ました。


最近、語学やら奨学金やらで凹んでいたのでバッチリ充電!




他にもたくさんの友人がこの夏に遊びに来てくれて幸せ者です。涙

やっぱり同級生って最高!


















ではまた更新します。

次はオクトーバーフェストについてかな〜



Auf Wiedersehen!