2013年3月18日月曜日

Schmuck2013 報告其の二

ども!


前回の続きでSchmuck中のイベントについて紹介します。










今年の一番の目玉と言ったら

モダンピナコテークで開催されたOtto Künzliの個展。


何度も話していますが、自分がドイツで教わっている教授です。
























これは街中にあった展示のポスター&前回に引き続きナガパン。


かなりインパクトのあるポスターですよね~

遠くからでもすぐわかる感じ。












オープニングパーティーには約2000人の関係者が集まり、

Ottoの人気さ、偉大さを再認識しました。


















この人が今回の主役。


















アカデミーの関係者たちみんなで1輪ずつ花をサプライズプレゼント。


教え子もたくさんいて、みんなに慕われていて

こんな先生はなかなかいないと思いますね〜












諸事情により美術館内が工事中の為、

今回の展示専用に美術館横に建てられた展示会場。


















オープニングでは人が多すぎて入れなかったので後日行くことに。




…この長蛇の列すごくないですか。











そして、これが会場内の様子。


















昔の作品から最近の作品まで約80点くらいが展示されていました。


赤いハートのブローチや備長炭リング、マンハッタンピースなどなど…




かなり見応えのある内容で来ていたお客さん達もかなり満足していた感じ。





自分は会期中に3度も見に行きました〜

勉強勉強!














オープニングのあとは、アカデミーのジュエリークラスが主催するパーティーへ。


















毎年恒例で行なっているみたいですが、

DJも呼んでクラブ状態な感じです。






いや~半年くらい前から準備を始めて色々と大変でした。


…まぁ自分はただの力仕事しか出来なかったですけどね。。













最後のおまけ


芸大時代の田口ふみき先生と先輩のチャンさん。


















お二人ともSchmuckに入選されたらしく、数日間だけミュンヘンへ来ていました。



ふみきさんは一度アカデミーへ見学に来ていますが、

チャンさんの希望により自分の通うアカデミー見学へ。





久しぶりの再会だったので本当に楽しかったですね〜

みんな相変わらずって感じ。












しかし、

この後ふみきさんにとんでもないことが起こるとは

今は誰も気づいてはいませんでした…





その内容は次回に掲載したいと思います。

いやー本当に凄かった。。。
















それではまた!

Servus!









にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ にほんブログ村 海外生活ブログへ http://ping.blogmura.com/xmlrpc/d1toohykub7a

2013年3月16日土曜日

Schmuck2013 報告其の一

ども!


今回は先週まで行われていたコンテンポラリージュエリーの祭典

『Schmuck2013』について紹介したいと思います。






このイベントは毎年行われるSchmuckという公募展を中心に、

ドイツのミュンヘンにあるギャラリーや美術館でコンテンポラリージュエリーを

中心とした展示会が開かれます。



期間的には1週間という短い期間ですが、

世界中からコレクター、ギャラリスト、アーティストが

このイベントの為に集います。



年々展示場所が増えているみたいですが、

数えてみたところ今年は77箇所で展示があったみたいです。



…もちろん全部は見きれませんでしたね〜










少しですが、見に行ったギャラリーの紹介を。




その前に、

この人は我が家に滞在していたヒコミ出身の通称ナガパン。

同じジュエリー作家で、とっても気の合う友人です。

彼も面白い作品を作っているので、今度紹介したいと思います。
※ナガパンの作品はこれではないのでご注意!


















作家さんはアカデミー出身の先輩、Alexander Blank。

カービング(削り)だけで人気キャラクターの骸骨ネックレスを作っています。


トムとジェリーやドナルドダックなど、皆さんお馴染みのキャラクターも。

下書きも何もなく、頭の中のイメージだけで削り進めていくそう。

恐ろしい程の造形力ですね。











ここはアカデミー在学中のAkihiro Ikeyama, Junwon Jung, Mari Iwamotoの三人展。



















森をイメージした展示会で、

天井から木材を吊るし、そこにランダムに作品が掛けられています。


外から見ると木が浮いているような不思議な感じがします。

中に入ると作品を探す楽しみもプラスされ、

見つけるとじっくり観察したくなりますね。











ここもアカデミー出身者のAttai Chen, Carina Chitsaz-Shoshtary,Sungho Cho,

Laura Deakin, Melanie Isverding, Emma Priceの六人展。




































ここのギャラリーは何度も来たことがあるのですが、入ってビックリ!

広い空間から一転、白い洞窟のように迷路みたいな印象へ。


壁から板が突き出しており、その上に伸縮性の布がかかっています。

作品が迫ってくる、主張してくる感じでしたね。

作品は見やすいし、迫力があってインパクトの強い展示でした。










ここは一風変わってレストランの地下、1レーンだけのボーリング場。


両サイドの壁に作品が掛かっているのですが、

空間が面白すぎてかなり魅力的な空間でした。


場所的には見つけにくい場所ですがここは絶対に忘れないと思います。











ここもアカデミーのNicole Beck, Despo Sophocleous, Mirei Takeuchiの三人展。
























暗めの部屋で、作品たちがスポットライトを浴びて浮かび上がってくる感じ。

ダクトホースを使い光をコントロールしていて、とても強い印象を受けました。


無機的な空間と有機的な作品たちがマッチしていて面白かった〜












ここは大先輩でトップアーティストのKarl Fritschの会場。



















有名人だけあって、ギャラリーに人が入れないくらい人気でした。

見に来ていた人の中にも有名人がチラホラ…













最後におまけ。

美術館で行われたWarwick Freemanのレクチャーの様子。


















人気過ぎて入場制限がかかっていましたが

早く行ったおかげでなんとか入れました。






自然物などを使って作品を作る作家さんですが、

どんなものからインスピレーションを受けたとか

どういう感覚で制作しているかなど、1時間くらいの短い講義でした。


英語で全部は理解出来ませんがとても参考になりましたね。
















他にも色々ナガパンと見に行ったのですが、多すぎたので特に印象に残ったものを

紹介しました。


全体的な印象としては作品だけではなく、作品の見せ方にこだわった

インスタレーションに近い感じで展示している団体が多い気がしました。


作品のコンセプトと空間のコンセプトが合っている展示はどれも面白かったですね。

もちろん、作品自体も印象に残る強いものが多かったです。












次回もこんな感じでSchmuckイベントの紹介をしていきたいと思います。

お楽しみに〜










それでは!

Servus!








にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ にほんブログ村 海外生活ブログへ http://ping.blogmura.com/xmlrpc/d1toohykub7a

2013年3月6日水曜日

頼まれ仕事〜

ども!



最近ようやく暖かくなってきたかな〜という今日この頃。










今日は予備校からの友人に頼まれた結婚指輪の事をちょっと紹介。






今回、初めてホワイトゴールドを使用した指輪に挑戦しました。


















こっちだと1グラム40€くらいする高価な素材です。




純金にパラジウムという金属を混ぜた、750を使用。
※パラ割りという名前で呼んでいます。
   また、白金(プラチナ)とは全く別のものです。










銀と同じような色ですが、使ってみた感じとしては

「銀」は黄色っぽい銀色で少し暖かく、膨らんでくる感じ。

「ホワイトゴールド」は青色っぽい銀色で少し冷たく、吸い込まれる感じ。


注※あくまで制作者個人の意見です。









加工的には銀925よりも硬く、丸めるのがひと苦労でした。



でもロウ付けはガスバーナーで簡単に出来ました。
(ロウ目がかなり見えるので、完成後にメッキをかけた方が良いみたい)















指輪のデザインはというと

ねじれのあるリングというリクエストだったので、

ヤットコで180°回転させてから丸めてリングにしました。
























残念ながら完成形は許可を取っていないので載せていませんが、

鏡面仕上げのキラキラした状態で完成。







高価な素材はなかなか使う機会が無いので、

このような依頼制作の時はとても勉強になります。








金属の特性はかなり興味深いですね。

言う事を聞いてくれたり、そっぽ向かれたり…




素材との対話、理解はとても重要だと再認識させられました。













ではでは今日はこのへんで。



次回はSchmuck(シュムック、ミュンヘンのジュエリー祭り)について

載せたいと思います。





これからの一週間はかなりのハードスケジュールになりそうです。



それではまた!

Auf Wiedersehen!

Servus!













にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ にほんブログ村 海外生活ブログへ http://ping.blogmura.com/xmlrpc/d1toohykub7a

2013年3月1日金曜日

INHORGENTA!

ども!



先日アカデミーの先輩とMesse(日本で言う幕張メッセみたいな場所)で

行なわれていた『INHORGENTA』に行ってきました。




INHORGENTAとは、

年に一度世界中から工具や材料、各種ジュエリー、時計などが集まって

展示販売する大きなイベントです。
























コンテンポラリージュエリーや商業ジュエリーなど、

多くの企業や個人がブースを出していてかなりの大盛況。













一緒に行ってくれた先輩の池山さん。


















会場はこんな感じ。


















もちろん一番盛り上がったのは工具コーナー!




































使い方のわからない謎の工具も多々w




でもいろいろ欲しくなって大変でした。


あ〜新しい工具欲しいー!











これは彫刻器のデモンストレーション。
























サービスでボールペンに名前を彫ってプレゼントしてくれました。


















金属にも彫れる機械らしく、この文字だと3分くらいで彫り上がりました。

凄い早かったです!





お姉さんありがとー












他にも様々なお店で工具や箱のカタログをもらってきました。


















アーティストの先輩方にお勧め工具などを聞いたりしていたので

日本に帰る前に是非ゲットしてしたいですね〜





ちなみに一番欲しい工具が€180くらいするのでまだ手が出せていません…

カタログを見ながら我慢。













最後に、

今回一目惚れで時計を買ってしまいました!
























展示のみで販売はしていなかったのですが、

欲しすぎて粘って交渉した所、売ってもらえる事に!


しかも販売希望価格が€179のところ、卸値の€90で売ってもらいました!

超ラッキー!!





ずっと時計を買おうと探していたので良い買い物が出来ました。

満足満足〜










お金を使った分、制作の方も頑張ります!













ではでは今日はこのへんで。

Auf Wiedersehen!

Servus!















にほんブログ村 美術ブログへ にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ にほんブログ村 海外生活ブログへ http://ping.blogmura.com/xmlrpc/d1toohykub7a