2015年9月9日水曜日

Jahresausstellung 2015!〜その3〜

ども!

前回の続きで3回目の投稿です。








今回の展示場所は外庭。
※ Garten、読み方→ガルテン。男性名詞。


西側の大きな木の下でパフォーマンスしました。


ベンチや食べ物などを持ち寄ってプチピクニック。

天気も良く、外で見るジュエリーはいつもと違って見えました。

光、空間、匂いなどその時の雰囲気で作品は変わりますね。


この日はフランス人の交換留学生と作品を交換。

彼女の作品は鉄の棒とリボンを使ったネックレスです。




































平日ということもあり、人は少なかったですが、

青空の下での展示は新鮮でした。



しかし反省点として、

ピクニック感が強すぎてお客さんが近づきにくい雰囲気だったかな〜と。

身内で楽しみすぎるのは良くないですね。












次の場所はカフェテリア。


外の廊下と部屋の中を行ったり来たり。


正面玄関から近くて人出は多かったのですが、

当初の目的であった

一度いつもの部屋に行き、空っぽの部屋で地図をもらって今日の場所を探す。

という事が行われないまま偶然出会うという形になってしまいました。



お客さんに事情を説明すると理解してくれましたが、

場所選びも本当に重要だと感じました。

狙った通りにはなかなかいきませんね。







この二箇所はとても反省点が多かったです。

お客さんの通りそうなルートなどをもっと計算したり、

行動パターンなどをシミュレーションする必要性があったと思います。

いや〜展示って難しい。











ではこの続きは第4回で!

ばーい!

Auf Wiedersehen!

Servus!