2016年8月3日水曜日

2016 Jahresausstellung! 年度末学内展示会!

ども!

だいぶ期間が空いてしまいました。




今日は先日行われた2016 Jahresausstellung(年度末学内展示会)について。

































毎年7月末に開催されている学内展示会が終了しました。




今年のテーマは「アイデンティティ」




装身具と装着者の関係、装身具がもたらす変化などに注目し、このテーマになりました。


インスタレーションの方法としてプロジェクションマッピングを利用。

同一人物のモデルがランダムに移動し、個々の作品を照らします。

モデルは老若男女、日々異なった人物を採用しました。(計9日だったので9名)



































身につける装身具で印象がガラリと変わるモデルや、

逆に身につける人物によって印象が変化する装身具など、

互いの関係性がうまくマッチした展示方法になったかと思います。







個々の作品を照らす時間が20秒程度なのでじっくり観察したい人にとっては

少し物足りない展示になってしまったかもしれませんが、

全体的な印象としては多くのポジティブな意見を頂けました。





来年はおそらく最後のJahresausstellungになると思うので、

今年よりも面白い展示、インパクトのある作品が作れるように精進します。










それではまた更新します。

Auf Wiedersehen!

Servus!